お好み焼きを札幌のソウルフードに 「風月」裸一貫からの半世紀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
風月のお好み焼きと焼きそば=札幌市中央区の風月本店で2022年10月6日午後3時26分、谷口拓未撮影
風月のお好み焼きと焼きそば=札幌市中央区の風月本店で2022年10月6日午後3時26分、谷口拓未撮影

 創業から55年を迎えた「風月」=本社・札幌市豊平区=を起こした二神敏郎さんが今夏、78歳で急逝した。風月といえば、お好み焼き。関西地方を中心に定番となっている食べ物を札幌市で「ソウルフード」として定着させた裸一貫からの軌跡をご存じだろうか。【谷口拓未】

 風月は札幌発祥の老舗で、同様に「風月」と屋号につく他店と似て非なるもの。大阪市出身で8月に死去した敏郎さんが立ち上げ、現在は札幌市を中心に北海道内13店舗(10月末現在)を展開する。

 父親から経営を引き継いだ三女の二神ひかりさん(36)によると、敏郎さんは定時制高校卒業後、札幌市に駐屯地のある陸上自衛隊に入隊。北海道にゆかりはなかったが、札幌農学校(現北海道大)で教頭を務めたクラーク博士の「少年よ大志を抱け」の言葉に背中を押され、北海道へ来た。3年で除隊し、風月を開業した。

この記事は有料記事です。

残り1871文字(全文2238文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集