囲碁姉妹、初対決は姉・上野愛咲美立葵杯が勝利 女流名人戦リーグ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
妹の上野梨紗二段との姉妹対決を制し、リーグ戦を白星で発進した上野愛咲美女流立葵杯=東京都千代田区の日本棋院で2022年11月7日、武内亮撮影
妹の上野梨紗二段との姉妹対決を制し、リーグ戦を白星で発進した上野愛咲美女流立葵杯=東京都千代田区の日本棋院で2022年11月7日、武内亮撮影

 囲碁の第34期女流名人戦リーグが7日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、上野愛咲美女流立葵杯(21)が上野梨紗二段(16)に247手で黒番中押し勝ちし、挑戦権獲得に向けて白星発進した。2人は公式戦初の対決となったが、姉に軍配が上がった。

 日本棋院によると、同棋院所属の姉妹棋士は、上野姉妹のほか、杉内寿子八段・本田幸子八段(2020年に死去)・楠光子八段(19年に引退)▽三村芳織三段・長島梢恵三段・向井千瑛六段▽万波佳奈四段・万波奈穂…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

あわせて読みたい

ニュース特集