熊本県教委、県立高の1年生が自殺と発表 第三者による原因調査へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
熊本工業高1年生の自殺を受け、記者会見した熊本県教委=熊本市中央区の県庁で2022年11月7日午後4時59分、野呂賢治撮影
熊本工業高1年生の自殺を受け、記者会見した熊本県教委=熊本市中央区の県庁で2022年11月7日午後4時59分、野呂賢治撮影

 熊本県教委は7日、県立熊本工業高(熊本市中央区)の1年生の生徒(16)が10月に自殺したと発表した。部活動で人間関係の悩みを抱えていた可能性が高く、心身の苦痛によって生命に重大な被害が生じた疑いがあることから、同校はいじめ防止対策推進法上の「重大事態」と判断。県教委は第三者による県いじめ防止対策審議会で原因などを調査することを決めた。

 県教委は遺族の意向を理由に生徒の性別や所属の部活を明らかにしていない。

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1064文字)

あわせて読みたい

ニュース特集