福岡バス5歳熱中症死 前園長に禁錮2年、執行猶予3年の有罪判決

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
倉掛冬生ちゃん
倉掛冬生ちゃん

 福岡県中間市の認可保育園「双葉保育園」で2021年7月、送迎バスの車内に取り残された園児の倉掛冬生(とうま)ちゃん(当時5歳)が熱中症で死亡した事件で、降車確認を怠るなどして冬生ちゃんを死亡させたとして業務上過失致死罪に問われた前園長、浦上陽子被告(45)に対し、福岡地裁は8日、禁錮2年、執行猶予3年(求刑・禁錮2年)の判決を言い渡した。降車の補助を担当し、同罪に問われた保育士の鳥羽詞子(のりこ)被告(59)は禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年6月)とした。

 冨田敦史裁判長は「園児全員の降車確認は困難であったともいえず、怠った過失は重い。被害者の肉体的苦痛や心細さ、絶望感を思うとあまりに痛ましい」と述べた。その上で「(これまで)保育に献身的に携わってきた」ことなどを考慮し、執行猶予を付けた。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1035文字)

あわせて読みたい

ニュース特集