18歳渡部葉月が最年少「金」、宮田笙子が銅 世界体操・女子平均台

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 体操の世界選手権の女子平均台で獲得した金メダルを手にする渡部葉月=6日、英リバプール(共同)
 体操の世界選手権の女子平均台で獲得した金メダルを手にする渡部葉月=6日、英リバプール(共同)

 体操の世界選手権最終日は6日、英国のリバプールで種目別決勝が行われ、平均台で18歳2カ月の渡部葉月(中京ク)が13・600点で頂点に立ち、日本女子の最年少金メダリストに輝いた。愛知県出身の渡部は補欠から繰り上がって初出場し、北九州市での前回大会を18歳7カ月で制した芦川うらら(日本体育大)の記録を…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

あわせて読みたい

ニュース特集