特集

山本草太|Fun!フィギュア

ジュニア時代は全日本制覇、世界選手権3位など実績十分。オフシーズンはプログラムと調和できるよう4回転ジャンプの精度を高めてきた

特集一覧

山本草太「やっと戦える土台できた」 フィギュア・フランス杯2位

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フランス杯の男子表彰式で笑顔を見せる2位の山本草太(左)と3位の友野一希(右)。中央は優勝したアダム・シアオイムファ=フランス・アンジェで2022年11月5日、ロイター
フランス杯の男子表彰式で笑顔を見せる2位の山本草太(左)と3位の友野一希(右)。中央は優勝したアダム・シアオイムファ=フランス・アンジェで2022年11月5日、ロイター

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フランス大会に出場した日本勢が一夜明けた6日、アンジェで取材に応じ、男子でGP初の表彰台の2位に入った22歳の山本草太(中京大)が「技術的にも表現的にもやっと戦える土台ができた」と自信をにじませた。

 山本はGPシリーズ上位によるファイナル進出も視野に入れ、18日開幕の第5戦、NHK杯(札幌)に向け「さらにレベルアップした姿を見せられるように頑張っていけたら」と意気込んだ。3位の友野一希(上野芝ク)は「どんな時でも問題なく跳べるジャンプにしていかなければならない」と課題を口にした。

 女子では…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文407文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集