特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

トヨタ自動車が4強一番乗り 東芝に快勝 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【トヨタ自動車-東芝】四回表トヨタ自動車無死二塁、佐藤の右前打で八木が生還(捕手・中村)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影
【トヨタ自動車-東芝】四回表トヨタ自動車無死二塁、佐藤の右前打で八木が生還(捕手・中村)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、トヨタ自動車が東芝を6―1で降し、優勝した第43回大会以来、4大会ぶりに準決勝に進んだ。8日の準決勝で、ENEOSと三菱重工Westの勝者と対戦する。

 トヨタ自動車が快勝。三回に樺沢の2点適時打で先制。四回に盗塁を絡めて佐藤の右前適時打と北村のスクイズで突き放し、九回に多木の適時三塁打でダメ押し。嘉陽が6回1失点と好投し、渕上も好救援を見せた。東芝は粂、松山が短いイニングでともに失点して流れを作れず、打っても散発6安打とつながりを欠いた。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1163文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集