特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

月曜なのに「嘉陽」 トヨタ自動車先発、2週連続で 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【トヨタ自動車-東芝】力投するトヨタ自動車の先発・嘉陽=京セラドーム大阪で2022年11月7日、木葉健二撮影
【トヨタ自動車-東芝】力投するトヨタ自動車の先発・嘉陽=京セラドーム大阪で2022年11月7日、木葉健二撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、第1試合はトヨタ自動車と東芝が対戦した。トヨタ自動車は、1回戦から中6日で5年目右腕の嘉陽宗一郎投手が先発でマウンドに。2週連続で月曜日の登板に、ネット上では名字と絡めて「今週も月曜なのに嘉陽(かよう)」とファンが早速反応した。

 嘉陽投手は沖縄県出身の26歳。松山聖陵高から亜大を経てトヨタ自動車に入った。187センチの長身から繰り出す角度のついた速球が最大の武器で、藤原航平監督も「真っすぐが力強く、狙ったところに投げきれる。先発も抑えもフル回転してほしい」と信頼が厚い。以前は救援の役割が中心だったが、今季は先発の機会が増えて本人も「先発するごとに良くなっている」と自信を深める。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文749文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集