小林陵侑、スーツ規定違反で30位 W杯ジャンプ個人第2戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小林陵侑
小林陵侑

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は6日、ポーランドのビスワで個人第2戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、北京冬季オリンピック王者の小林陵侑(土屋ホーム)は30位だった。1回目は128・5メートルで3位につけたが、30人で争う2回目の飛躍がスーツの規定違反で失格となった。

 ダビト・クバツキ(ポーランド)が開幕2連勝で通算勝利数を7とした。中村直幹(フライングラボラトリー)は11位。2回目に進めなかった二階堂蓮(日本ビール)と佐藤幸椰はともに38位、佐藤慧一は49位だった。小林潤志郎(いずれも雪印メグミルク)は予選でスーツの規定違反のため失格となった。

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文380文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集