特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

ベテランの一振りは筋トレ効果 先制打のトヨタ樺沢 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【トヨタ自動車-東芝】三回表トヨタ自動車2死一、二塁、樺沢が中越え2点二塁打を放つ(捕手・中村)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、滝川大貴撮影
【トヨタ自動車-東芝】三回表トヨタ自動車2死一、二塁、樺沢が中越え2点二塁打を放つ(捕手・中村)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、トヨタ自動車が東芝を6―1で降し、優勝した第43回大会以来、4大会ぶりに準決勝に進んだ。頼れるベテランの一振りが、チームを勢いづけた。

タイムリーにも表情変えず

 「好機の一本」がなかなか出なかったトヨタ打線に、光明をもたらす一打になった。両チーム無得点で迎えた三回、先取点をもたらしたのは5番に座る11年目のスラッガー樺沢健だ。

 2死一、二塁で右打席に入り、カウント1―2からの4球目。外角低めの141キロの直球を、逆らわずにはじき返した。やや前進守備だった中堅手の頭上を大きく越え、先制の2点適時二塁打に。塁上で表情ひとつ変えない姿に貫禄を感じさせるが、試合後は「…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文783文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集