特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

ENEOS、延長戦制し4強 三菱重工West降す 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-三菱重工West】延長タイブレーク十回表ENEOS1死一、二塁、丸山が3点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影
【ENEOS-三菱重工West】延長タイブレーク十回表ENEOS1死一、二塁、丸山が3点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、今夏の都市対抗野球大会で優勝したENEOSが延長十回タイブレークの末、三菱重工Westを4―1で降した。ENEOSは都市対抗野球との夏秋連覇を果たした第38回大会(2012年)以来、9大会ぶりに4強入りした。8日の準決勝でトヨタ自動車と対戦する。

 ENEOSが延長戦を制した。タイブレークの十回無死一、二塁からバント失敗の後、丸山が右中間へ3ランを放った。柏原が7回を投げて1安打1失点と好投し、救援陣も層が厚く安定していた。三菱重工Westは、味方の好守備に助けられた竹田が9回1失点の粘投も貧打で援護できず、最後は鮫島が痛い一発を浴びた。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文896文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集