特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「絶対やり返す」三菱重工West新人が王者相手に粘投 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-三菱重工West】力投する三菱重工Westの先発・竹田=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影
【ENEOS-三菱重工West】力投する三菱重工Westの先発・竹田=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、三菱重工WestはENEOSに1―4で惜敗。延長十回タイブレークの末に敗れたが、1回戦で完封した新人右腕が今夏の都市対抗王者相手に粘投した。

「大舞台に強い」

 三菱重工Westの先発マウンドを託されたのは新人右腕・竹田祐。味方の援護をもらった直後の二回、先頭打者に四球を与えると1死一塁から3連打を浴び同点とされた。なおも1死満塁のピンチだったが、2者連続で空振り三振に仕留め最少失点で切り抜けた。

 ENEOSとの10月のオープン戦でも先発したが、2失点しチームも敗れた。「本当に…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文845文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集