特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

ピンチに監督の一言で冷静に 快投のENEOS柏原 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-三菱重工West】七回裏三菱重工West2死一、二塁、青木を空振り三振に抑え、喜ぶENEOSの先発・柏原=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影
【ENEOS-三菱重工West】七回裏三菱重工West2死一、二塁、青木を空振り三振に抑え、喜ぶENEOSの先発・柏原=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、今夏の都市対抗野球大会で優勝したENEOSが延長十回タイブレークの末、三菱重工Westを4―1で降した。ENEOSの先発右腕が7回1安打1失点で試合を作った。

都市対抗で大車輪の活躍

 今夏の都市対抗野球大会を優勝に導いた指揮官が「(今夏の)橋戸賞(最優秀選手賞)みたいなもんじゃないですか」と言い切る投手陣の柱が、驚異の修正力を見せた。

 ENEOSの先発右腕・柏原史陽は立ち上がりの制球に苦しんだ。ボールが「浮いたり引っかかったり」で、一回の先頭から連続四球。次打者に犠打を決められ、あっという間に1死二、三塁のピンチを招いた。

 ここで大久保秀昭監督が動く…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文942文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集