特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

決勝3ラン、丸山はENEOSの「ファンタジスタ」 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-三菱重工West】延長タイブレーク十回表ENEOS1死一、二塁、丸山が3点本塁打を放ち、拳を突き上げる=京セラドーム大阪で2022年11月7日、滝川大貴撮影
【ENEOS-三菱重工West】延長タイブレーク十回表ENEOS1死一、二塁、丸山が3点本塁打を放ち、拳を突き上げる=京セラドーム大阪で2022年11月7日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、今夏の都市対抗野球大会で優勝したENEOSが延長十回タイブレークの末、三菱重工Westを4―1で降した。

後手に回っても冷静

 社会人球界に強いチームはいくつもある。だが、厄介さで言えばENEOSの右に出るものはあるまい。相手がどんなに粘っても、我慢比べで引くことは無し。その上、全てをご破算にしてしまう飛び道具まで持っている。この試合で言えば、タイブレークの延長十回表で決勝3ランを放った丸山壮史だ。

 タイブレークでは不利とされる先攻なのに、直前でバントミスが発生。1死一、二塁で打席に立った。相手は直球、フォークともに抜群の右腕、三菱重工Westの鮫島優樹だ。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文977文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集