特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「常に苦しい」NTT東日本・喜納のあくなき向上心 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東京ガス-NTT東日本】一回裏NTT東日本1死満塁、喜納が右前2点適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影
【東京ガス-NTT東日本】一回裏NTT東日本1死満塁、喜納が右前2点適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、NTT東日本が今夏の都市対抗野球大会で準優勝の東京ガスとの東京勢対決を4―1で制し、2大会連続で4強に進出した。NTT東日本は、主将も経験したベテランが決勝打を放った。

ルーキーを鼓舞

 妥協せず、向上心を忘れず、チームを支える。長く野球を続けられているゆえんだろう。NTT東日本の頼れる8年目、喜納淳弥はバットで若いチームを支える。

 「一番の勝負どころが来たな」。同点に追いついた一回裏、1死満塁で打席を迎えた。初球をうまく右翼線へと運び、2人が生還。先発して粘投した8歳年下のルーキー・吉松塁を鼓舞するかのように、あっという間に逆転してみせた。

 東京・成立学園高、桐蔭横浜大を経てNTT東日本に入社。3年目の2017年には4番として都市対抗野球大会で優勝を経験し、ベストナインにも輝いた。日本選手権では第45回大会(19年)で大会タイ記録の1試合2本の本塁打を放つなど、チームを代表する強打者として活躍してきた。

 長い野球人生の中で、苦しかった時期はあるかと問われると…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文756文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集