特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「弱点が出た」東京ガス・益田 恩返しはプロの舞台で 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東京ガス-NTT東日本】三回裏途中で降板する東京ガスの先発・益田=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影
【東京ガス-NTT東日本】三回裏途中で降板する東京ガスの先発・益田=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、今夏の都市対抗野球大会で準優勝した東京ガスはNTT東日本に1―4で敗れた。今秋のプロ野球・ドラフト会議で広島から3位指名された右腕は三回途中4失点で降板し、試合を作れなかった。

肩を落としてベンチに

 今季限りでチームを巣立つ右腕にとって、この試合には二つの誓いがあった。だが、この日に見せたのは本来の投球とはほど遠い姿。悔しさの募る「最後の試合」となった。

 今秋のプロ野球・ドラフト会議で広島から3位指名された東京ガスの益田武尚。満を持して今大会は初となる先発のマウンドに上がったが、立ち上がりから打ち込まれた。大黒柱の右腕・臼井浩が「悪い時は直球がシュート回転するという益田の弱点が出た」と指摘するように、甘く入った直球を狙われた。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1031文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集