特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

明暗くっきり初回の攻防 ドラ3攻略のNTT東に軍配 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東京ガス-NTT東日本】一回裏NTT東日本1死満塁、喜納に2点適時打を許し、打球の行方を追う東京ガス・益田=京セラドーム大阪で2022年11月7日、滝川大貴撮影
【東京ガス-NTT東日本】一回裏NTT東日本1死満塁、喜納に2点適時打を許し、打球の行方を追う東京ガス・益田=京セラドーム大阪で2022年11月7日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われ、NTT東日本が東京ガスとの東京都勢対決を4―1で制し、2大会連続で4強に進出した。

「もう1本」の差

 野球の試合で「流れ」をつかむため、序盤の攻防は非常に重要だ。先発投手の立ち上がりが不安定なら、なおさら試合が動きやすい。ともに先制攻撃の糸口をつかんだ一回の攻撃が、明暗を分けた。

 同じ東京都のチームとして、手の内を知り尽くしている同士の対戦。NTT東日本の平野宏監督は、新人左腕の吉松塁を公式戦初の先発マウンドに送った。だが一回表、大舞台の緊張からかピリッとしない。連続四球と右前打で無死満塁のピンチを招くと、暴投であっさり先取点を献上した。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文814文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集