特集

宝塚歌劇

100年を超えてなお、世代を超えて多くのファンを魅了する宝塚歌劇。関連するニュースをお届けします。

特集一覧

「道の向こうに必ず何かが」宝塚雪組・朝月希和がサヨナラショー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 12月に宝塚歌劇団を退団する雪組のトップ娘役・朝月希和(あさづき・きわ)さんのサヨナラショーが7日、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)で開かれた。朝月さんはトップスターの彩風咲奈(あやかぜ・さきな)さんと思い出の曲で、キレのあるダンスを披露。「諦めなければ道の向こうに必ず何かが待っている。まだまだですが、一生懸命頑張ります」とあいさつした。

 ショーは、娘役によるナンバー「ル・ポァゾン」で幕開き。宝塚らしからぬ勝ち気なヒロインを好演した「夢介千両みやげ」(2022年)の劇中歌を銀橋で伸びやかに歌い上げた。ファンの胸を熱くさせたのは、彩風さんと初めて組んだという「SUPER VOYAGER!」(17年)のダンスナンバー。当時を思い出させるカラフルな衣装で、彩風さんらとダイナミックに躍動した。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文857文字)

【宝塚歌劇】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集