特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

世論に押され…焦る与野党 初の質問権行使、プロセスの透明性は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への「質問権」の行使に関する専門家会議「宗教法人制度の運用等に関する調査研究協力者会議」の冒頭であいさつをする文化庁の合田哲雄次長(奥中央)と着席する会議出席者ら(手前)=東京都千代田区で2022年11月8日午前10時、吉田航太撮影
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への「質問権」の行使に関する専門家会議「宗教法人制度の運用等に関する調査研究協力者会議」の冒頭であいさつをする文化庁の合田哲雄次長(奥中央)と着席する会議出席者ら(手前)=東京都千代田区で2022年11月8日午前10時、吉田航太撮影

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡り、岸田文雄首相は8日、悪質献金などの被害者救済に向けた新法案の今国会提出に意欲を表明した。さらに政府は同日、教団への解散命令請求も視野に、宗教法人法に基づく「質問権」行使の運用基準をまとめた。多くのトラブルが指摘される教団に対する厳しい世論を受け、これまで静観してきた首相が一転、問題解決への「前のめり」姿勢を示した格好だ。だが、憲法が保障する「信教の自由」に配慮を求め、プロセスの透明性を確保するよう求める声も上がっている。

 「年内に解散命令を請求するくらいのスケジュール感で進めてほしい」。10月26日の衆院文部科学委員会の質疑で、立憲民主党の柚木道義議員は、永岡桂子文部科学相に…

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1889文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集