特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

COP27 環境問題にもウクライナ侵攻が影 首脳発言相次ぐ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)会場で記念写真に納まる各国首脳ら=エジプト・シャルムエルシェイクで2022年11月7日、ロイター
国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)会場で記念写真に納まる各国首脳ら=エジプト・シャルムエルシェイクで2022年11月7日、ロイター

 エジプト・シャルムエルシェイクで開催中の国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)で7日、参加各国首脳の演説があり、ロシアのウクライナ侵攻に関する発言が相次いだ。長期化する戦争が世界の環境問題に与える影響を浮き彫りにした。

 議長国エジプトのシシ大統領は「経済が強くないエジプトのような国はコロナウイルス禍の打撃を最も受け、今度はロシア・ウクライナ戦争によって損害を被っている」と強調し、発展途上国や中進国の立場を代弁。「破壊と殺害行為を終わらせよう」と戦争終結を訴えた。ただ、具体的な案は示さなかった。

 エジプトは世界1位の小麦輸入国で、輸入量の8割をロシアとウクライナに依存してきた。燃料価格高騰の影響も受けている。親米国家でありつつ、兵器輸入や国内初の原発建設でロシアと協力関係にある。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文661文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集