特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

攻めるトランプ氏、守るバイデン氏 米中間選挙「最後の訴え」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米中間選挙前最後の選挙集会に臨むバイデン大統領=米東部メリーランド州ブーイで2022年11月7日、秋山信一撮影
米中間選挙前最後の選挙集会に臨むバイデン大統領=米東部メリーランド州ブーイで2022年11月7日、秋山信一撮影

 米連邦上下両院選や州知事選などを一斉に実施する中間選挙の投票が8日、始まった。即日開票される。前日の7日夜、民主、共和両党のリーダーが「最後の訴え」で有権者にアピールした。共和党のドナルド・トランプ前大統領(76)が終盤に上院選の接戦区で「攻め」の姿勢を示したのに対し、民主党のジョー・バイデン大統領(79)は自党の支持基盤が強い州での「守り」の演説が目立ち、両党の勢いの違いが浮き彫りになった。

 トランプ氏は7日夜、中西部オハイオ州バンダリアで、選挙戦最後の集会を開いた。州全体で議席を争う上院選で、民主党候補のティム・ライアン連邦下院議員(49)と接戦を繰り広げる共和党候補の作家、J・D・バンス氏(38)を支援するためだ。

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1553文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集