インド外相、侵攻後初のロシア訪問「対話に戻ることを強く主張する」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会談に臨むロシアのラブロフ外相(右)とインドのジャイシャンカル外相=モスクワで2022年11月8日、ロイター
会談に臨むロシアのラブロフ外相(右)とインドのジャイシャンカル外相=モスクワで2022年11月8日、ロイター

 ロシアのラブロフ外相とインドのジャイシャンカル外相が8日、ロシアの首都モスクワで会談した。ウクライナへの侵攻を巡り欧米諸国などから非難されてきたロシアは、友好国インドとの経済関係を拡大し、政治面のつながりもアピールする狙い。インドは直接的な対露批判を避けつつ早期停戦を訴えており、ジャイシャンカル氏は会談後の記者会見で「対話に戻ることを強く主張する。我々は明確に平和を支持している」と改めて強調した。

 ジャイシャンカル氏の訪露はウクライナ侵攻後初めて。露外務省によると、会談のテーマは貿易、投資、輸送、エネルギーの各分野での協力。インド通貨ルピーとロシア通貨ルーブルで両国間の貿易を決済する枠組みも協議したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文631文字)

あわせて読みたい

ニュース特集