特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

国の病床確保 神奈川で過大交付44億円、検査院指摘41億円と別に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神奈川県庁=横浜市中区で2019年2月18日、山本明彦撮影
神奈川県庁=横浜市中区で2019年2月18日、山本明彦撮影

 会計検査院が7日公表した決算検査報告で、神奈川県内の8病院が新型コロナウイルス感染者の病床確保に関する国の事業で、計41億9624万円の過大交付を受けていたことが判明した。病院側の「事務的ミス」が原因とみられ、国は県を通じて病院側に返還を求める。

 報告によると、過大交付があったのは、国が新型コロナ感染者らの病床確保を支援する2020年度の事業。新型コロナ用の病床数などに応じて交付金が都道府県を通じて病院側に支払われる仕組みだが、病院側が本来は交付対象ではない病床に関しても請求していたケースがあった。同様の過大交付が確認された9都道府県計55億918万円のうち、神奈川県内の…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文727文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集