特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「銃声のない掛川に安心」へルソン州から避難の女性、支援に感謝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
掛川城の絵を久保田崇市長(右端)と鑑賞するタチアナさん(前列中央)=静岡県掛川市役所で2022年11月6日、山田英之撮影
掛川城の絵を久保田崇市長(右端)と鑑賞するタチアナさん(前列中央)=静岡県掛川市役所で2022年11月6日、山田英之撮影

 「掛川は銃声もミサイルの音もしない。静かで安心できる」――。ロシアのウクライナ侵攻で、10月から静岡県掛川市に避難している女性、トリティアコバ・タチアナさん(53)は、そう言って日本の支援に感謝した。ロシア軍が一方的に併合を宣言した南部ヘルソン州の出身。現地はほとんどの商店が閉まり、生活するのは厳しい状況と言うが、それでもタチアナさんは「ウクライナが好き。いつか戦争が終わったら戻りたい」と望郷の念を強めている。

 タチアナさんは、静岡県掛川市に住む長男で会社員のマクシムさん(32)を頼って避難した。掛川にはマクシムさんの結婚式などで過去に2回訪れたことがあった。「また掛川に来たいと思っていた。でも、幸せなイベントで来たかった」

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文724文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集