「希望のまち」は助け合える場所 工藤会本部跡地で進捗報告会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新しくできる福祉施設の建設予定地で、施設の機能について説明する奥田理事長=北九州市小倉北区で2022年11月7日午後2時25分、日向米華撮影
新しくできる福祉施設の建設予定地で、施設の機能について説明する奥田理事長=北九州市小倉北区で2022年11月7日午後2時25分、日向米華撮影

 NPO法人「抱樸(ほうぼく)」(北九州市八幡東区)が中心となって進めている「希望のまちプロジェクト」の進捗(しんちょく)報告会が7日、福祉施設が建設される特定危険指定暴力団「工藤会」の本部事務所跡地(小倉北区神岳)であった。

 抱樸によると、希望のまちが目指すのは、「助けて」と言えるまち▽大きな家族になれるまち▽子どもを育てるまち。お互いに助け合える居場所を作り家族機能を社会化することで、少子高齢化や単身化が進む現代社会での孤立化や自殺、子どもの貧困などの課題に立ち向かう。

 4階建て施設の1階部分は、仕切りのない大ホールとなっており、コンサートやバザーなどのイベントに活用できるなど開放的な作りが特徴。カフェやレストラン、自由に使える「みんなのキッチン」が入る他、障害のある子どもが放課後や長期休暇に利用できる「放課後デイサービス」、困窮世帯の学習支援をする「子ども・家族まるごと支援センター」なども備える。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文638文字)

あわせて読みたい

ニュース特集