西陣織「幻の手織機」空引機、13年ぶり復元 11日から公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
3人がかりで「空引機」を動かす西陣の若手職人たち=京都市上京区で2022年11月4日午後4時20分、千葉紀和撮影
3人がかりで「空引機」を動かす西陣の若手職人たち=京都市上京区で2022年11月4日午後4時20分、千葉紀和撮影

 明治時代まで京都・西陣で使われ「幻の手織機」とも呼ばれる「空引機(そらひきばた)」が、西陣織会館(京都市上京区)で13年ぶりに組み立てられ、報道陣に実演が披露された。「西陣の呼称誕生から555年」を機に、11日から同会館を主会場に初開催される西陣織のPRイベント「西陣クロスウイーク」で一般公開される。

 西陣織工業組合によると、空引機は平安時代からあり、省力化できて速度に優れるジャガード機が明治時代に輸入されるまで、西陣の主力織機だった。伝統は途絶えていたが、55年前に古い資料や老職人の記憶を頼りに組合が復元。今回、技術の伝承と記録保存のため、西陣の若手職人たちが組み立てることになった。組み上がるのは、前回の2009年以来。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文566文字)

あわせて読みたい

ニュース特集