大入り願い、まねき書き 京都・南座、歌舞伎「顔見世」を前に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
吉例顔見世興行に向けたまねき書き=京都市左京区で2022年11月7日午前9時36分、川平愛撮影
吉例顔見世興行に向けたまねき書き=京都市左京区で2022年11月7日午前9時36分、川平愛撮影

 南座(京都市東山区)である師走恒例の歌舞伎公演「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」を前に、出演する役者の名前などをヒノキ板に墨書する「まねき書き」が7日、左京区の妙傳寺(みょうでんじ)で公開された。

 役者名を記す「まねき」は、長さ1・8メートル、幅30センチ。書家の井上玉清(ぎょくせい)=本名・…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

あわせて読みたい

ニュース特集