“忍者”が修行の山駆け抜ける 3年ぶりトレイルラン大会 三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スタートするロングコースのランナーたち=三重県伊賀市の大山田温泉さるびので、大西康裕撮影
スタートするロングコースのランナーたち=三重県伊賀市の大山田温泉さるびので、大西康裕撮影

 三重県伊賀市内外の山々を駆け抜ける「忍者トレイルランニングレース」が6日、3年ぶりに大山田温泉さるびの(同市上阿波)を発着点に開かれた。初設定の「IGAGOE」(伊賀越え)コースを含め4部門に約600人が出場、紅葉が始まった伊賀の高地を駆けた。【大西康裕】

 「忍者修行」のイメージを抱かせる伊賀のトレランは2020、21年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止。実行委員会は22年3月、感染防止策を実証する小規模のレースを開催し、今秋の大会に備えていた。

 「IGAGOE」は2人1組で伊賀市を越えて、津市や亀山市に入り込む45キロのコース。経ケ峰(819メートル)や錫杖ケ岳(676メートル)を通過する。誘導員や目印は置かず、出走者はGPS(全地球測位システム)を使い、時に道なき道を進み、鎖につかまってよじ登る鎖場もあった。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文856文字)

あわせて読みたい

ニュース特集