おせち料理の縁起物 クワイ初出荷 生産量日本一の広島・福山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
初出荷するクワイを手に取る福山くわい出荷組合の渡辺孝信組合長=広島県福山市川口町2のJA福山市福山グリーンセンターで2022年11月8日午前6時50分、関東晋慈撮影
初出荷するクワイを手に取る福山くわい出荷組合の渡辺孝信組合長=広島県福山市川口町2のJA福山市福山グリーンセンターで2022年11月8日午前6時50分、関東晋慈撮影

 生産量日本一を誇る広島県福山市の地元産クワイの初出荷が8日、JA福山市福山グリーンセンター(広島県福山市川口町2)であった。「芽が出る」縁起物としておせち料理などで使われ、県内や東京など全国の市場に送り出される。

 JA福山市によると福山市のクワイ生産量は全国の約6割を占める。今年は降雨が少なかったものの市内32戸(栽培面積約11・1ヘクタール)で例年並みの約1…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

ニュース特集