H3ロケット、エンジンの最終試験は「良好」 JAXA

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
報道陣に公開された開発中のロケット「H3」。第1段機体の最下部には試験用の主エンジン2基が取り付けられている=愛知県飛島村の三菱重工業飛島工場で2021年1月23日、池田知広撮影
報道陣に公開された開発中のロケット「H3」。第1段機体の最下部には試験用の主エンジン2基が取り付けられている=愛知県飛島村の三菱重工業飛島工場で2021年1月23日、池田知広撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、開発中の新型主力ロケットH3の主エンジン「LE―9」の最終的な燃焼試験が良好だったと発表した。試験は鹿児島県の種子島宇宙センターで7日にあり、ロケットを実際に組み立ててLE―9を25秒間燃焼させ、大きな問題はなかった。

 H3は当初2020年度の打ち上げを予定…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文248文字)

あわせて読みたい

ニュース特集