1票の格差「合憲」5件目 広島高裁岡山支部判決 7月参院選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
広島高裁岡山支部=松室花実撮影
広島高裁岡山支部=松室花実撮影

 「1票の格差」が最大3・03倍だった7月の参院選は、憲法が求める投票価値の平等に反するとして、岡山県の有権者が岡山選挙区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、広島高裁岡山支部(河田泰常裁判長)は8日、「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態ではなかった」として「合憲」と判断、無効請求を棄却した。全国14の高裁・高裁支部に起こされた訴訟16件のうち11件目の判決で、合憲判断は5件目。

 各地の判決では、仙台高裁が今月1日に「違憲」と判断。「違憲状態」が札幌、東京、大阪、広島、宮崎の5件、「合憲」が名古屋、松江、岡山、高松、那覇の5件となった。高裁判決は15日までに出そろい、最高裁が統一判断を示す見通し。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文612文字)

あわせて読みたい

ニュース特集