小1児童、バス閉まる音で目覚めクラクション 一時置き去り 岩手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
児童がスクールバスに一時置き去りにされていたことを受け、記者会見で謝罪する小菅正晴教育長(中央)ら=岩手県一関市で2022年11月8日午前10時半ごろ、湯浅聖一撮影
児童がスクールバスに一時置き去りにされていたことを受け、記者会見で謝罪する小菅正晴教育長(中央)ら=岩手県一関市で2022年11月8日午前10時半ごろ、湯浅聖一撮影

 岩手県一関市教育委員会は8日、小学1年の男子児童(7)がスクールバスの車内に一時置き去りにされる事案が発生したと発表した。児童が自分で運転席のクラクションを鳴らしたため、近くにいた男性運転手(72)が気づいて無事だった。

 市教委によると、置き去りは2日午後3時半ごろ、市内の小学校から下校する児童5人を乗せたスクールバスが終点の屋外駐車場に到着した際にあった。到着後、運転手は全員下…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

あわせて読みたい

ニュース特集