小中学生のバス置き去り防止へ 安全装置費用、1台10万円補助

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
3歳女児が取り残された白い送迎バス(左)。静岡県警が車内温度の検証をした=静岡県牧之原市静波で2022年9月14日、丘絢太撮影
3歳女児が取り残された白い送迎バス(左)。静岡県警が車内温度の検証をした=静岡県牧之原市静波で2022年9月14日、丘絢太撮影

 政府は8日、全国の小中学校や放課後児童クラブに対し、スクールバスへの置き去りを防ぐ安全装置の設置費用補助を1台当たり10万円に設定し、同日閣議決定した2022年度第2次補正予算案に計上したと明らかにした。対象は約1万1000台。設置は任意で、国土交通省が年内に策定する装置のガイドラインや市場価格を…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

あわせて読みたい

ニュース特集