家裁の離婚調停「中立性に疑問」ひとり親家庭支援団体が改善申し入れ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
最高裁職員(左)に、家裁の離婚調停のあり方について改善を求める「シングルマザーサポート団体全国協議会」の赤石千衣子代表(右奥)ら=東京都千代田区で2022年11月8日、吉永磨美撮影
最高裁職員(左)に、家裁の離婚調停のあり方について改善を求める「シングルマザーサポート団体全国協議会」の赤石千衣子代表(右奥)ら=東京都千代田区で2022年11月8日、吉永磨美撮影

 ひとり親家庭を支援する「シングルマザーサポート団体全国協議会」は8日、家裁が対応する離婚調停・調査について、元配偶者らのドメスティックバイオレンス(DV)に対する訴えが軽視されるなど中立性に疑問があるとして、最高裁に改善を申し入れた。

 全国協議会は同日、6、7月に離婚経験者を対象にしたウェブアンケート(2524人回答)を最高裁に提出した。このうち、離婚で家裁の調停・調査…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

あわせて読みたい

ニュース特集