「日本の洋上風力市場、魅力的」 世界風力会議の上級顧問 一問一答

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じる世界風力会議のアラスター・ダットン氏=秋田市で2022年11月8日午後0時5分、猪森万里夏撮影
インタビューに応じる世界風力会議のアラスター・ダットン氏=秋田市で2022年11月8日午後0時5分、猪森万里夏撮影

 世界風力会議(GWEC)のアラスター・ダットン洋上風力上級顧問は8日、秋田市内で毎日新聞のインタビューに応じ、日本の洋上風力の可能性に強い期待感を示した。主なやりとりは次の通り。【聞き手・猪森万里夏】

 ――ロシアのウクライナ侵攻後、エネルギー安全保障が世界中で話題になっています。

 ◆洋上風力は国産のエネルギーだ。過去25年間、洋上風力は三つの側面で考えられてきた。環境面、コスト面、そして安全保障だ。エネルギー安全保障はこれまで重視されてこなかったが、今では日本も含め世界中で最も注視されている。

 ――2030年までに1000万キロワット、40年までに3000万~4500万キロワット導入という日本政府の目標は達成できますか。

この記事は有料記事です。

残り1276文字(全文1591文字)

あわせて読みたい

ニュース特集