特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「黒い忍者」が好守備連発 ドラ3右腕へ先輩の金言 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-三菱重工West】五回表ENEOS2死一、二塁、丸山のゴロを好捕して二塁に送球してアウトとし、先発の竹田と喜ぶ二塁手・坂之下(右)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影
【ENEOS-三菱重工West】五回表ENEOS2死一、二塁、丸山のゴロを好捕して二塁に送球してアウトとし、先発の竹田と喜ぶ二塁手・坂之下(右)=京セラドーム大阪で2022年11月7日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第9日の7日、京セラドーム大阪で準々決勝が行われた。トヨタ自動車が足を生かした積極的な攻めで、優勝した第43回大会以来の4強入りを果たした。大会第9日の熱戦の様子をリポートする。

三塁コーチャーの準備

 第1試合は、トヨタ自動車が6―1で東芝に快勝した。四回に貴重な3点目をもぎとったトヨタ。浅い右前打にもかかわらず清水明彦・三塁コーチャーが腕を回せたのはなぜか。

 1点差に迫られた四回。先頭の俊足、八木健太郎選手が四球で出塁し、すかさず二塁盗塁を決めた。続く佐藤勇基選手の打球は右前へ。東芝の右翼手・石川桜太選手は前寄りに守備位置を取っていたが、清水コーチは迷いなく右腕を回し、八木選手はヘッドスライディングで間一髪生還した。

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1998文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集