米国野球殿堂 時代別候補に薬物使用疑惑のボンズ、クレメンス両氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米プロバスケットボールNBAの試合を観戦するバリー・ボンズ氏=米サクラメントで2022年10月19日、AP
米プロバスケットボールNBAの試合を観戦するバリー・ボンズ氏=米サクラメントで2022年10月19日、AP

 米国野球殿堂は7日、時代別で主に1980年以降に活躍した殿堂入り候補8人を発表し、メジャー最多762本塁打のバリー・ボンズ氏や通算354勝のロジャー・クレメンス氏、同216勝のカート・シリング氏らが入った。選考委員の投票で12月4日に決まる。

 殿堂入りは選考委員とは別に記者投票による選出もあり、現…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

あわせて読みたい

ニュース特集