センバツ21世紀枠の大分県推薦校に高田高を選出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
阪神甲子園球場=中村真一郎撮影
阪神甲子園球場=中村真一郎撮影

 大分県高野連は8日、2023年春に開かれる第95回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)の21世紀枠の県推薦校に、豊後高田市の県立高田高校を選んだと発表した。推薦理由は「地元の生徒を中心に戦う姿は過疎化や部員不足に悩むチームに勇気や希望を与えることができる」などとしている。14日に同高で表彰式がある。

 同高は1910年創立の普通科高校で、生徒たちの進路は大学や専門学校への進学、就職などさまざま。野球部の練習時間は限られており、朝のうちに打撃練習用のゲージの準備をするなど、時間を有効に使う工夫をしている。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文394文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集