特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

トヨタ自動車が決勝進出 ENEOSにサヨナラ勝ち 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-トヨタ自動車】九回裏トヨタ自動車2死一、二塁、サヨナラ適時打の八木に駆け寄る選手たち=京セラドーム大阪で2022年11月8日、中川祐一撮影
【ENEOS-トヨタ自動車】九回裏トヨタ自動車2死一、二塁、サヨナラ適時打の八木に駆け寄る選手たち=京セラドーム大阪で2022年11月8日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は第10日の8日、京セラドーム大阪で準決勝が行われ、トヨタ自動車が今夏の都市対抗野球大会で優勝したENEOSに1―0で九回サヨナラ勝ちした。トヨタ自動車は優勝した第43回大会(2017年)以来、4大会ぶりに決勝に進んだ。9日の決勝で、現存チーム最多を更新する6回目の優勝をかけ、NTT東日本と三菱重工Eastの勝者と対戦する。

 最後に勝負強さを見せたトヨタ自動車が、両チーム計6安打の投手戦でサヨナラ勝利をもぎ取った。ともに無得点で迎えた九回2死から樺沢の中前打と四球で一、二塁とし、八木の左前打で決勝点を奪った。ENEOSは加藤、関根の継投で粘ったが、打線が2安打無得点とトヨタ自動車投手陣5人の継投を捉えられなかった。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文819文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集