特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

ドラフト指名漏れの影響なし ENEOS加藤、不安拭う 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-トヨタ自動車】四回裏を無失点に抑えベンチに戻るENEOSの先発・加藤=京セラドーム大阪で2022年11月8日、滝川大貴撮影
【ENEOS-トヨタ自動車】四回裏を無失点に抑えベンチに戻るENEOSの先発・加藤=京セラドーム大阪で2022年11月8日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第10日の8日、京セラドーム大阪で準決勝が行われ、今夏の都市対抗野球大会で優勝したENEOSはトヨタ自動車に0―1でサヨナラ負け。敗れはしたが、ENEOSの先発左腕・加藤三範が持ち味を発揮した。

ピンチに表情一つ変えず

 派手さはないが抜群の安定感を誇る。今夏の都市対抗王者・ENEOSを入社から支えてきた2年目左腕は、直前に味わったプロ野球・ドラフト会議での指名漏れにも動じなかった。

 ピンチらしいピンチは1度だけ。五回に連続単打で1死一、二塁とされ、打撃好調のトヨタ自動車の1番・徳本健太朗と相対した。それでも表情一つ変えない。淡々と外角に投げ込むと、5球目のスライダーで右飛に打ち取った。次打者は外角直球に手を出させて二ゴロで仕留めた。

 コーナーへの正確な投げ分けが持ち味で、…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文724文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集