特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

先祖は杉田玄白 ドラ6左腕、トヨタ長谷部が直球勝負 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-トヨタ自動車】六回表、先発・佐竹と交代し、ピンチを抑えて雄たけびを上げるトヨタ自動車の投手・長谷部=京セラドーム大阪で2022年11月8日、滝川大貴撮影
【ENEOS-トヨタ自動車】六回表、先発・佐竹と交代し、ピンチを抑えて雄たけびを上げるトヨタ自動車の投手・長谷部=京セラドーム大阪で2022年11月8日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第10日の8日、京セラドーム大阪で準決勝が行われ、トヨタ自動車が今夏の都市対抗野球大会で優勝したENEOSに1―0で九回サヨナラ勝ち。優勝した第43回大会(2017年)以来、4大会ぶりに決勝に進んだ。

気持ちのこもった10球

 社会人球界の「レジェンド」から受け継いだマウンドで、いつも以上に気合が入った。2番手として登板したのは、プロ野球広島からドラフト6位指名を受けた左腕・長谷部銀次だ。

 先発の17年目右腕・佐竹功年は、相手打線を2安打に抑える力投だった。両チーム無得点で迎えた六回表、安打で出塁した走者が犠打で進み、1死二塁の場面で佐竹に代わって登板した。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文807文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集