特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「4番の宿命」NTT東・向山が勝利呼び込む適時打 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本-三菱重工East】五回表NTT東日本1死一、二塁、向山が中前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月8日、滝川大貴撮影
【NTT東日本-三菱重工East】五回表NTT東日本1死一、二塁、向山が中前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月8日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第10日の8日、京セラドーム大阪で準決勝が行われ、NTT東日本が前回準優勝の三菱重工Eastを4―2で降し、初の決勝進出を決めた。NTT東日本は4番が貴重な追加点で試合の流れを決めた。

昨年負けた相手に

 宿命を背負った4番・向山基生が雪辱を果たす一打だ。1点リードの五回表、1死一、二塁。フルカウントから中堅への適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。前の2打席は相手投手に打ち取られたが、ここぞの勝負どころは逃さなかった。

 昨年の日本選手権も4番で出場し、2回戦のENEOS戦では延長十回タイブレークで左越えに満…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文697文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集