特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

笑わない「チームの顔」 三菱重工East・小柳の信念 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本-三菱重工East】八回裏三菱重工East1死一、三塁、小柳が適時二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月8日、滝川大貴撮影
【NTT東日本-三菱重工East】八回裏三菱重工East1死一、三塁、小柳が適時二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月8日、滝川大貴撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第10日の8日、京セラドーム大阪で準決勝が行われ、前回準優勝の三菱重工Eastが2―4でNTT東日本に敗れた。三菱重工Eastの4番は先制打を含む2安打2打点をマークした。

先輩の教え、精進は続く

 自身を「チームの顔」と言い切る強打者は、先制打を放っても、反撃の一打を放っても、笑わなかった。

 お互い無得点の一回から連続単打と犠打で1死二、三塁とした三菱重工East。この絶好機、打席には4番の小柳卓也が入った。日本選手権では過去に2度の首位打者賞を獲得している小柳。追い込まれてからの6球目、相手先発・稲毛田渉の内角直球にバットを出し、若干つまったものの先制の右前適時打とした。

 3点を追う八回にも1死一、三塁で反撃の適時二塁打を放ち、ベンチやスタンドを沸かせた。だが、一回と同様、本人に笑顔はない…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文784文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集