特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

「僅差の負けは監督のせい」ENEOS、夏秋連覇ならず 日本選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-トヨタ自動車】九回裏トヨタ自動車2死一、二塁、八木にサヨナラ適時打を許し、しゃがみ込むENEOS・関根=京セラドーム大阪で2022年11月8日、中川祐一撮影
【ENEOS-トヨタ自動車】九回裏トヨタ自動車2死一、二塁、八木にサヨナラ適時打を許し、しゃがみ込むENEOS・関根=京セラドーム大阪で2022年11月8日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会は第10日の8日、京セラドーム大阪で準決勝2試合が行われた。今夏の都市対抗野球大会で優勝したENEOSは九回サヨナラ負けを喫し、NTT東日本は初の決勝進出を決めた。大会第10日の熱戦の様子をリポートする。

ナインを称賛

 第1試合はトヨタ自動車が1―0でENEOSに九回サヨナラ勝ち。ENEOSは都市対抗野球大会との夏秋連覇に一歩及ばなかった。

 両チームともに投手陣が好投し八回を終えて安打は2本ずつ。迎えた九回裏、ENEOSは2死一、二塁の危機を迎える。選択したのは、遊撃手をやや二塁寄りに配置した守備だった。大久保秀昭監督は「1点もやれないシフト。打球方向やデータ含めて(判断した)」と明かす。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1141文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集