特集

安全保障

日本周辺の安全保障環境が厳しさを増しています。政治や経済、外交など、日本の針路を考えます。

特集一覧

公明・山口代表、反撃能力「敵基地と混同せず議論を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公明党の山口那津男代表
公明党の山口那津男代表

 公明党の山口那津男代表は9日、日本記者クラブで講演し、相手国のミサイル発射拠点などをたたく「反撃能力」(敵基地攻撃能力)について「反撃は(日本への)一撃があって、それに返すという意味が含まれる。『いわゆる敵基地攻撃能力』との混同を避けるように議論してほしい」と述べた。「反撃能力を認めるべし、と積極的に言っているわけではない」とも述べた。

 山口氏は反撃能力という表現について「専守防衛に適合する余地があるというニュアンスが出る」と指摘。反撃能力に関する党内の意見集約の時期に関しては、政府が外交・防衛政策の基本方針「国家安全保障戦略」など安保関連3文書を年末までに改定する方針を示していることを念頭に「年末までに3文書を作り、予算も確定する。そのぎりぎりのところで意見集約したい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文534文字)

【安全保障】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集