国の経常収支、上半期の黒字58.6%減 8年ぶり低水準

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
財務省の正門=東京・霞が関で、赤間清広撮影
財務省の正門=東京・霞が関で、赤間清広撮影

 財務省が9日発表した2022年度上半期(4~9月)の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は前年同期比58・6%減の4兆8458億円だった。年度半期としては、14年度上半期以来、8年ぶりの低水準となった。資源価格の高騰と円安進行で輸入額が増加したことが響いた。貿易赤字が定着し、日本の稼ぐ力を示す経常収支の低迷が続く恐れがある。

 経常収支の減少額は6兆8627億円で、年度上半期としては比較可能な1986年度以降で過去最大だった。年度半期としては、リーマン・ショックの影響があった08年度下半期に次ぐ過去2番目の大きさ。

 経常収支の内訳は、…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文876文字)

あわせて読みたい

ニュース特集