セブン&アイHD、そごう・西武を売却へ 米投資グループに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
セブン&アイ・ホールディングス(HD)=2019年4月25日
セブン&アイ・ホールディングス(HD)=2019年4月25日

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は9日、傘下の百貨店「そごう・西武」を米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループに売却する方向で最終調整に入った。米ブルームバーグ通信が伝えた。売却額は2000億円程度とみられる。フォートレスは家電量販店のヨドバシカメラを運営するヨドバシHDと連携し、そごう・西武の旗艦店にヨドバシが出店する方向で検討する。

 セブン&アイHDは2月ごろからそごう・西武の売却を目指して入札を実施。夏以降は優先交渉権を得たフォートレスと交渉を進めてきた。報道によると、セブン&アイは10日の取締役会でそごう・西武の売却を協議する見通しだが、交渉が不調に終わる可能性も残っているという。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文508文字)

あわせて読みたい

ニュース特集