特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

「不正選挙」信じる人が今も アメリカ中間選挙、アリゾナ州では

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
午前6時の投票開始前に会場の外で列を作る有権者=米西部アリゾナ州メサで2022年11月8日、大久保渉撮影
午前6時の投票開始前に会場の外で列を作る有権者=米西部アリゾナ州メサで2022年11月8日、大久保渉撮影

 米連邦上下両院選や州知事選などを一斉に実施する中間選挙は8日、投開票された。各地の投票所では早朝から有権者が列を作った。与野党の対立が激しくなる中、上院選が接戦となっている中西部オハイオ州や、2020年の大統領選が「不正選挙だった」と根拠なく主張する「選挙否定派」が州知事選などに立候補している西部アリゾナ州でも、有権者の分断ぶりが浮き彫りになった。

 20年の大統領選で民主党のバイデン大統領が僅差で勝利した西部アリゾナ州は、トランプ氏や支持者らが「不正があった」と特に強く訴えた州だ。州知事選では、民主党候補のケイティ・ホッブス州務長官(52)と、根拠のない「不正選挙」説に同調する共和党候補のカリ・レーク氏(53)の戦いに注目が集まる。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1007文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集