特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ゼレンスキー大統領 「ロシアとの穀物輸出合意の延長が必要」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トーマスグリーンフィールド米国連大使(右)を出迎えるウクライナのゼレンスキー大統領=ウクライナの首都キーウで2022年11月8日、ウクライナ大統領府提供・ロイター
トーマスグリーンフィールド米国連大使(右)を出迎えるウクライナのゼレンスキー大統領=ウクライナの首都キーウで2022年11月8日、ウクライナ大統領府提供・ロイター

 ウクライナのゼレンスキー大統領は8日、首都キーウ(キエフ)を訪問中のトーマスグリーンフィールド米国連大使と会談し、ウクライナ産穀物を輸出するための合意について、19日に迎える期限を延長する必要があるとの考えを示した。

 ロイター通信によると、ゼレンスキー氏は会談で「ロシアの意図に関わらず、合意は延長されなければならない」と語った。ウクライナ側は少なくとも1年間の延長を求めているという。…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集