特集

米中間選挙2022

米大統領選の中間の年に連邦議会の上下両院、州知事などの選挙が一斉に実施される中間選挙が11月8日に投開票されます。

特集一覧

激戦のアリゾナ州知事選 トランプ派候補「不正選挙」糾弾で聴衆熱狂

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
投票日の集会で演説するカリ・レーク氏=米西部アリゾナ州スコッツデールで2022年11月8日、大久保渉撮影
投票日の集会で演説するカリ・レーク氏=米西部アリゾナ州スコッツデールで2022年11月8日、大久保渉撮影

 2020年米大統領選でバイデン氏が僅差で勝利した西部アリゾナ州の知事選は、民主党候補のケイティ・ホッブス州務長官(52)と、共和党候補のカリ・レーク氏(53)が接戦を繰り広げ、現地時間9日未明になっても勝敗は決まらなかった。アリゾナはトランプ氏や支持者らが20年大統領選で「不正があった」と強く主張した州の一つ。トランプ氏の支援を受けるレーク氏の8日の集会は、根拠の薄い「不正選挙」への糾弾で異様な盛り上がりを見せていた。

 州都フェニックス郊外のスコッツデールで開かれたレーク氏の集会には、8日夕方から大勢の支援者が詰めかけた。レーク氏は演説で、同日午前に一部の投票集計機に不具合が発生するトラブルがあったことを問題視し、自らの不正選挙説を批判してきたメディアを「偽メディア」と批判した。「公正で自由な選挙にするには、戦って勝たなければならない」と訴え、支援者を熱狂させた。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文611文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集